みずたま日記

mizulife.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 16日

あの悪夢から1ヶ月



みずたまの目がこういう状態になってから、1ヶ月が経ちました。

早いのか遅いのかは分からないけど、この生活のリズムに慣れてきた気がします。

お店は父ちゃんが1人で頑張ってくれてるので、なるべく家の事やみずの事は

私がしっかりやらないとなぁーって思ってます。

そしてbeedamaも頑張らなければ!!

お洋服はもちろん、小物なども企画&制作中です=33




さて


先日東京から眼科専門医の獣医さんが診察してくれる日だったので、病院へ。


e0167195_17234811.jpg


オペと多くの患者さんで2時間半は待ちましたー。。。

緑内障や白内障のワンちゃんが多かった。

みずはすっかり病院嫌いで、震えたりソワソワしたり。。。

私にしがみついてばっかり=33


ホッチキスみたいな物で5つパチンと閉じてたのですが、目が飛び出てるので瞼は引っ張られてる状態。

これも限界にきてるみたい。。。

でも全部外してると瞼は開きっぱなし。

(それでも瞼はやはり閉じないけど)

目頭と目尻だけホッチキスを残し、中央部分だけ外して点眼していく事になった。


目の表面(角膜)は再生しつつあるので、ツルっとしてきてはいる。

でもその奥はぐちゃぐちゃ。。。

目から突起物みたいなのもある。

潰瘍とかには血清点眼とか効果があるみたいだけど、みずたまにはやはり無意味みたい。

全体的に赤くて、正直写真撮るのは気が引けます。。。


2種類の目薬を出来るだけ点眼して、乾燥を防ぐしかない。

今は最低でも2時間置きにはしてる。

しばらくはそれで経過を見て、目が引っ込んでいけば良いんだけど=33

東京の先生からもこの状態だと眼球摘出になると言われました。


一度は摘出も覚悟したので、みずたまにとってそれが最善の策ならば、それもアリなのかなと思ってます。

みずたまの負担やこれからの事を考えるとね。

2~3ヶ月経って目が引っ込んだ子も実際はいるみたいだし、様子を見ながらでしょうね。

緑内障になったり、痛みが激しくならない事を願うばかり。


抗生物質の副作用もあり、下痢&血便、耳はマラセチア、皮膚も瘡蓋みたいなのがボロボロ。。。

目のお薬を変えても治まらないので、今は目のお薬はナシ。

下痢の薬と皮膚は抗生剤の注射で、ちょっとは落ち着いてきました。


でも背中にぷくっとシコリみたいなのが出来たり、後ろ足の動きが変だったりと次々に不安になる事が。。。

今は身体が弱ってるからだと思うんだけど。。。

まずは身体が資本だから、そこも相談しながらです。

みずのストレスや不安を少しでも取り除いてあげれるように、私も頑張ります!!


ちょっとホッとしたのは下痢なのに体重が減ってないコト。

むしろ増えてたという。。。w

運動量が減ってるからだろうな。

そして飼い主も同じく増えていってるのでした=33

ヒィ~~~~~ッ!!!






 スクスクと増量中の親子☆マルマルみずたまにポチっとな↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

[PR]

by mizutama622 | 2013-09-16 02:10 | 病、不調


<< 消臭マナーポーチ販売と近況報告      これまでの経緯3 >>