みずたま日記

mizulife.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 31日

これまでの経緯




みずたまの目がこんなコトになってしまった経緯。

病院に通ってたのに、何でこんな大事になってしまったのか。。。

周りの方からもよく聞かれます。

ブログに書くのもちょっとなぁーって思いがあったけど、同じようなコが出ない為にも書かせてもらいますね。





始まりは異犬種の男の子くんにガウガウされて、左側の下瞼が切れて出血。

応急処置としてワセリンで止血する。

(男の子くんは興奮のスイッチが入ったようで、近くにいた男の子のみずたまにいっちゃったみたい)

すぐに出血は止まり、ほんと小さい傷。

目の中も大丈夫そう。

本犬も気にしてない。

自宅に戻り、目をしょぼしょぼさせてたので、保管していたヒアルロン酸の目薬を注した。

日曜日だった事もあり、翌日念の為に病院に行く事にした。



翌日かかりつけの病院へ。

フローレス検査をしたが染色部分はなく、やっぱり角膜に傷はない。

安心する飼い主。

角膜の表層に少しこすれが見られるくらい。

目をしょぼしょぼ細めて涙目。少し充血していた。

私がヒアルロン酸の目薬を持っていたので、ゲンタマイシンの目薬を頂き、経過を見る事になる。



それから約一週間朝晩の目薬を注し、だんだん目も細める事もなくなってきた。

良い感じ。

しかし突然角膜が白く濁っている。

そして目ヤニが多いし、充血も見られる。

また病院へ診てもらう事に。



再度フローレス検査をしたが、染色部分は見られない。

先生曰く、目を治そう治そうとする力が強くて、細胞が集まって白濁したと。

元々目の中には細胞がなく、細胞が集まれば血液も集まるので充血するとか。。。

病院行く前にヒアルロン酸の目薬がなくなり、ゲンタマイシンの目薬だけを数回注したので

それが原因なのかと先生に話した。

それは関係ないと言われ、先生とみずたま頑張りすぎたんだねーなんて話してた。

(今思うと情けない。。。)

白濁を散らす為に、軟膏を追加された。

(おそらくネオメドロール?)



それから朝晩の目薬2つに、軟膏で様子を見る。

世間はお盆休みに入り、病院は閉まる。

我が家は仕事で、とても忙しい時期。

念の為にお盆明けすぐに予約は取っておいた。



中々良くなる様子もなく、充血や白濁が拡がったように見える。。。

本犬はしょぼしょぼさせてるけど、他は特に変わった様子はなかった。

目を気にして触りだしたらエリザベスを付けようと思っていたが、特に病院で言われてなかった事と

エリザベスを付けると、オスワリもフセも出来ずに固まってしまうので様子を見ていた。

(これも私の認識の甘さで、すごく後悔している)



そしてお盆最終日の夜中に突然、みずたまが「キャン」って泣き、私は飛び起きた。

寝ボケていたみずたまが、自分の爪で目を触ってしまったのだ。

それからは前にブログで書いた通りだ。。。



前も瞼の辺りを怪我した事があったが、目薬をして治ってきた。

今回もすぐ治ると思っていた。

なのに何で??

かかりつけの病院は「運が悪かったとしか言いようがない」って言っていたけど。。。

飼い主である私の責任だ。

みずたまに申し訳なくて、申し訳なくて。。。



しかし、眼科の病院に行ってから疑問に思う事が次々と出てきた。

長くなったので、時間ができた時にまた書きますね。


e0167195_20513236.jpg


左目痛々しいな。。。

痛み止めが効いてるのが救い。

ほんとよく寝てます=33





 グーグーイビキのみずたまにポチっとな↓
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

[PR]

by mizutama622 | 2013-08-31 21:12 | 病、不調


<< これまでの経緯2      あなたならどうする? >>